アクションゲームマニア

名古屋在住のアクションゲーマーによる雑記ブログ

スーパードンキーコング123揃ったので公開する

f:id:trmrt:20180427164147j:plain

こんにちは、トーフです。

123シリーズの第二弾は「スーパードンキーコング」です。

あのレンダリングで作られたグラフィックを見た時は度肝を抜かれたし強烈に印象に残りましたね。

このグラフィックに慣れてしまったので逆に最新作のスーパードンキーコングを見ると違和感を感じてしまうという謎の現象が。w

最新作では開発が変わってしまったのでレア社独特の不気味というか怖さみたいのが無くなってしまったのも原因な気もする。

スーパードンキーコング1

1994年11月に発売、中古価格は800円ぐらい。

使えるキャラクターはドンキーコングとディディーコング。

アクションゲームとしてはよく出来てるけれど、以降の作品を遊んでしまうと物足りない感じ。

ワールドごとに出てくるボスも攻撃が単調なんで、それほど苦労しないはず。

ラスボスを倒してスタッフロールが流れ出したからエンディングかと思いきや…。

あのドッキリは酷い。w

スーパードンキーコング2

1995年11月に発売、中古価格は800円ぐらい。

使えるキャラクターはディディーコングとディクシーコング。

KONGパネルだけでなく、クレムコインを集めてロストワールドに行ったり、DKコインなどやりこみ要素が増えました。

2の段階でシステムとしては完成してます。

前作と比べると少しひねった仕掛けも出てきたりと難易度高め。

スーパードンキーコング3

1996年11月に発売、中古価格は800円ぐらい。

使えるキャラクターはディクシーコングとディンキーコング。

1年に1本のハイペースでスーパードンキーコングが発売されてたことに驚き。

今だったら考えられない。

当時はニンテンドウ64が発売されていたので影が薄かった印象。

ゲーム雑誌でもニンテンドウ64特集をメインに組まれていんで仕方がない。

世間としてはどうだったかというと180万本売れているという大ヒット作品。

システムとしては2の段階で完成されていたんで、オススメとしては2>3>1という順番になってしまうかな。